神様のことばを見分ける方法①

本日もお越しくださった皆様、ありがとうございます。

ブログを書き始めてから、割とよくいただくお声があります。

それは、自分も不思議な力が欲しいとのお声。

そこで、今回は自分でスピリチュアルな感性を磨きたい方へ向けて、神様とコミュニケーションをとるときのヒントを記事にすることに致します。

神様に関する不思議な体験を、自分でもしてみたいという皆様、よろしくお付き合いくださいませ。

▼目次

 

(初稿:2017年6月30日、最終更新2019年1月31日)

 

神様と話すために必要なもの

神様と話すなんて、特別な能力のある人にしかできないんじゃないの?

このように考える方も多いかと存じます。

結論から申しますと、そうではありません。

むしろ、神様だからこそ、ふつうの人でも感じ取れるのではないかと私は思っています。

考えてみていただきたいのですが、日本の昔話などを見ておりますと、ふつうの農民やお祖母さんなどが、神様のお告げやご加護をいただいた話が、たくさん出て来ますよね。

つまり、特別な修行をした人間でなくても、神様の気分がのれば誰でも関われるチャンスがあるのです。

 

神様を見る力と霊能力

見えないものを感じる力というと、霊が分かる能力だと考える方が多いのかもしれません。

神様を感じ取れる人間は、いわゆる霊能力者と思われがちですが、私はこれも違うと思っています。

なぜなら、神主さんや僧侶さんの中には、霊能力はないけれど神様や仏様が分かる方もおられるからです。

対して、はっきりと霊が見える方の場合は、相手の感情や考えを読み取れる、部屋の様子が分かるなど、神霊とは関係のない細かいことまで分かるひとが多くおられますね。

この違いはきっと、霊よりも神様の方が存在感が大きいため、生まれて来るのではないでしょうか。

見える・見えないを気にすることなく、誰でも向きあえるのが、神様なのでしょう。

 

誰にでも受け取れる神様のことば

ここからは、神様の言葉がどう人間に伝わるかをお話しさしあげます。

どんな方にでも起こり得ることを挙げて参りますので、神様とのお付き合いのヒントになりましたら幸いです。

私の経験から申しますと、神様の言葉を受け取る方法は3種類ほどあります。

  1. 起きている状態で受け取る(チャネリング、サインによる意思表示など)
  2. 寝ている間に直接話せる霊夢
  3. 気づくと答えがインストールされている

以下、順番に説明して参りますよ。

 

起きている時に受け取る方法

ひとつめの方法は、起きている間、意識のある状態で受け取ることです。

これは、いわゆるチャネリングと非常に似ています。

ことばが直接的に頭に入ってきますから、自分にはスピリチュアルな感性がないと思っている人などは気が付かず、単なる思い付きで済ませてしまうかもしれません。

この方法は一番簡単ですし、自分から積極的に神様とコミュニケーションを取りたいときにも有効ですが、難点もあります。

それは、本当に自分の思い付きなのか、神様のことばなのか、判断が難しいこと。

このため今回は、見分けるコツも紹介して参りますよ。

 

神様は光に溢れている

起きている間に受け取った神様のことばを見分けるとき、一番分かりやすいのは、ことばに宿る光の有無だと思います。

神さまから出たものなら、視界がぱっとあかるく開けたように感じます。

そして肉体の中から舞い上がるような体の軽さ、命が世界中に伸び広がっていくような安心感、または浄化される高揚感を感じることもあります。

気を付けたいのは、ワクワク感とはまた違うということ。

興奮ではないのですね。

どちらかといえば、のんびりした気持ちになって、無条件で大丈夫という気持ちが湧いてきます。

感情的なこと以外のヒントでは、肉体が無くなったように全身が軽くなる、首や背中がポカポカになる、体調がすぐれない時なら症状が緩和される、など。

多少なりとも意識が飛んだ状態になりますから、メッセージを聞いていた間や、前後の記憶があいまいになることもあります。

そうした状態で、ふと閃く言葉やアイデアがあれば、神様のメッセージと考えてよいのではないかと思いますよ。

 

神様はさりげない

神様をはじめ、良いものによる自己主張は非常にさりげないことが多いため、人間はそれに気が付かないことがあります。

こうしたメッセージは言葉というよりも、ほとんどの場合はほのめかす程度のものです。

たとえば、神社に参拝して急におみくじが引きたくなる、突然すれちがいの人に話しかけられてヒントをもらえる、などの方法で伝えられますから、神様からのメッセージとは気づきにくいのでしょう。

ただし、この方法にも難点はあり、それは誤解が多いことです。

さりげない神様のサインを探しているうちに、中毒になってしまう人がいるのも事実です。

あまり気にしすぎると今後は魔が入る原因にもなりかねませんから、神様のお言葉だ!と意識し過ぎる必要はありません。

相手が本当に神様であれば、あなたがメッセージを見落としても怒りません。

取りこぼしてもいいや、くらいの大雑把な気持ちでいた方がよいです。

 

自分から神様に近づく難しさ

ここまで紹介差し上げた、起きている間に神様からのことばをいただく方法は、どちらかといえば積極的にアプローチするためのヒントです。

しかし実は、本当に必要があって神様から話しかけていただけるときは、こういう方法にはなりません。

神様が自主的に何かを知らせたい場合は、ちゃんと人間に分かるような方法をとってくださいますから、自分でも「これは神様かな?」と気が付けるものですよ。

 

それでは次回、残りの2つのヒントについて紹介差し上げる予定です。

本日も最後までお付き合いいただいた皆様、ありがとうございました!

 

おまけ:チャネリングとは?

最後に、チャネリングという言葉をはじめて聞いた、という方へ。

チャネリングとは一種のテレパシーで、目に見えない高次の存在からメッセージを受け取ることを指します。

西洋のスピリチュアルな分野では割とよく耳にするもので、メッセージをくれる相手は主に天使やgaガイドスピリット(守護霊)と呼ばれ、善意あるものだとされています。

チャネリングについて詳しく知りたい方は、以下のような書籍がありますので、チェックしてみてはいかがでしょうか。

もちろん、自分でチャネリングをやる方法についても書かれておりますよ。

オープニング・トゥ・チャネル―あなたの内なるガイドとつながる方法

オープニング・トゥ・チャネル―あなたの内なるガイドとつながる方法

サネヤ・ロウマン, デュエン・パッカー
3,058円(10/20 00:36時点)
発売日: 2005/08/01
Amazonの情報を掲載しています
チャネリング・ガイド―光の使者からのメッセージ

チャネリング・ガイド―光の使者からのメッセージ

Sonia Choquette
発売日: 2010/04/09
Amazonの情報を掲載しています

2件のコメント

  1. 私が小学2年生位の時に高知県の田舎で民宿に泊まった時に、夜になり寝る頃に電気は消していたのですが、正面のテレビの上に、人の形をした40㎝位の凄い光を発しているものが立っていました、最初はビックリして固まってしまったのですが、その人の形をした光から言霊がシャボン玉のように額に飛んできてテレパシーのように感情に直接に伝わってきました、それと26歳の時に黒い龍も現実に見た事があります、日本神道の方に死後の世界について聞いていたところ、その方の口元から言霊が額に飛んできて、意識が吸い込まれそうになった時にその方の後ろに龍をみました、私から2メートル位のところに龍はいました、体は黒く立体的に見えたのですが、体は透き通って見えました、口には宝珠を加えていて、髭や目もハッキリ動いてました、私が現実に見ました、存在しています

    秋山

コメントを残す